地域に開かれた地域密着型特別養護老人ホーム「グランドオーク百寿・OAK cafe」

泉北スタイルなお店紹介【vol.4】

泉北ニュータウンの茶山台にある、社会福祉法人よしみ会が運営する地域密着型特別養護老人ホーム「グランドオーク百寿」内にあるOAK cafeのご紹介です。

地域密着型特別養護老人ホームとは、施設が所在する市町村に居住する方を対象とした、定員29名以下の特別養護老人ホームのことを言います。
「グランドオーク百寿」は、入居者が居心地の良い環境で生活できる「温かな家」を目指し、平成27年11月1日にオープンしました。
施設の特徴として、1階に誰でも利用できるカフェ、マーケット、イベントスペースを設けていることがあります。
「グランドオーク百寿」が建つ場所には以前スーパーマーケットがありました。施設を建てる際、近隣住民からは買い物ができる場所を残して欲しい、飲食ができる場所が欲しいなどの要望があり、そういった声を反映し、一番入りやすり1階のスペースにカフェ、マーケット、イベントスペースをつくることになったそうです。
取材をさせて頂いた日は平日のお昼過ぎでしたが、子育て世代から高齢者まで幅広い世代の方で賑わっており、気軽に集える場として地域に定着している様子がうかがえました。

1階のカフェ、マーケット、イベントスペースは、洗練された明るい空間で、
「地域の人が入りやすい従来の特別養護老人ホームらしくないデザインを目指し、フィンランドの高齢者施設などを見学して回った」
と施設長の山口さんからお聞きしました。家具の明るい色使いや、木材を使った床や壁、可愛らしい小ぶりな照明、オープンキッチンなど内装へのこだわりが随所に見られます。
また、カフェのメニューも充実しています。ランチは20種類近くのメニューがあり、管理栄養士がバランスを考えた入居者と同じ食事メニュー「OAK LUNCH」(500円)が特に人気です。近隣のお客さんの中には毎日来られる方もいるとのことです。


イベントスペースは、オープン当初は企業がCSRの一環でイベントをすることが多かったそうですが、現在は茶山台、槇塚台など周辺の住民の方が利用することが増え、大阪経済大学が実施する健康イベントも人気とお聞きしました。
また、隣接する茶山台団地や泉北をレモンの街にしようとする取組「泉北レモンの街ストーリー」との連携など、周辺のまちづくりにも協力しながら施設を運営されています。
「365日施設が開いていることで、地域のご高齢の方などが安心感をもち、拠り所のような場所になっていけたら」とおっしゃる山口さんのお言葉が印象的でした。

【お店概要】
住所   :〒590-0115 堺市南区茶山台3丁22-11
営業時間 :9:00~17:00  モーニング 9:00~11:00  ランチ 11:30~14:00
定休日  :日曜日・月曜日・祝日
連絡先  :072-291-0222
駐車場  :有り 15台
HP    :グランドオーク百寿HP
FB    :グランドオーク百寿FBページ

★施設長山口さんからの一言★
高齢者施設というと、暗い、入りにくいイメージがあるかもしれません。しかし、グランドオーク百寿は『誰もが利用したいと思える場所』となるよう、クオリティ・サービス・環境にこだわり、様々な世代の方が交流できる基点となることを目指しています。また、「特養なのにおしゃれカフェ!?」と”Café Innovation”をコンセプトに地域に開けた画期的な取り組みも行っており、施設内1階に「地域に根付く新スタイルカフェ」をオープン。本格バリスタが淹れるこだわりのスペシャルティコーヒーやラテアート、管理栄養士考案の豊富なランチメニューがびっくりするほどリーズナブルな価格でどなたでも楽しめ、北欧風のオシャレな空間でゆったりとくつろげる地域密着型の新スタイルカフェとして入居者の方や地域の方から大人気です!