歴史ある古民家で頂く人に優しいオーガニック料理 「Organic畑kitchen結」

泉北スタイルなお店紹介【vol.3】

泉北ニュータウンに隣接する農村、釜室の古い町並みに並ぶ古民家カフェ、「Organic畑kitchen結」のご紹介です。

お店の名前の由来は、昔、日本各地にあった労働を助け合うコミュニティの名“結”にちなんでおり、人と人、人と地域、人と畑(食)を結ぶ場所にしたいという思いが込められています。
オープンしたのは平成24年5月。店長の大泉さんが古民家でお店をしたいという夢をお持ちで、知人からの紹介で、壊す寸前の古民家を購入したことがオープンするきっかけとなっています。購入当時は他に仕事をされていましたが、働きながら4年程をかけて建物の改修を行いました。
耐震補強や構造にかかわる部分は大工さんの仕事ですが、壁に珪藻土を塗り、柱や梁をべんがら塗りする等、内装はご自身たちの手で作られており、素朴で飾らない温もりを感じます。

料理は徹底してオーガニックにこだわっています。店長の大泉さんは、「農と里山・自然の学校」代表として、10年程前から無農薬・有機の米作りを進めており、子どもたちが田植え体験をできる場づくり等に取り組んでいます。お店で出すお米「上神谷(にわだに)米」は周辺でしか作られていない貴重なもので、そのお米は手作りの愛農かまど(戦後に普及した熱効率の良いかまど)で炊かれるこだわりの一品です。また、野菜も周辺の農家から仕入れた有機野菜で、新鮮で旬なものを選んで提供されています。

そんなこだわりの食材を使ってお昼は、自慢のご飯と季節ごとに変わる和食メニューの結御膳(限定10食)と有機野菜などを使った前菜・パスタ・手作りフォカッチャのパスタランチをメインに提供されています。今後はピザなどのカフェメニューも充実させたいとお聞きしました。また、子どもたちに食事の大切さやを伝える食育や、料理教室を行うことも考えておられ、まだまだお店の新たな展開を構想中です。

現在お店は、大泉さん母娘とホテル勤務経験のあるシェフの3名で切り盛りされています。楽しそうにお店のことをお話しされる大泉さん母娘からは、安全で人に優しい食への熱意と探究心がひしひしと感じられます。
ゆったりとした時間が流れる古民家で、こだわりの食材でつくった優しいオーガニック料理を是非ご賞味ください。

【お店概要】
住所   :〒590-0122 大阪府堺市南区釜室122-1
営業時間 :ランチ 11:00~14:00 カフェ14:00~18:00 ディナー(事前予約コースのみ)
*木曜定休日
連絡先  :072-283-1406
駐車場  :有り 11台
HP    :畑kitchen結FBページ

★大泉さんからの一言★
結で使うお野菜は全て無農薬・有機栽培のもの。小麦やスパゲッティ・コーヒーなども有機にこだわっています。お米は有機の自主栽培で、手植え・手刈り・天日干しの上神谷米。手間も愛情もたっぷりのものを毎日釜戸で炊いています。
地区100年を超える落ち着いた古民家で、アンティークの家具に囲まれて過ごす時間はいかがでしょうか?
ホッとできるおいしい空間で、人にも地球にも優しいものを。これが私たちのこだわりです。